陶芸広場 ちょっと道草ブログ

時計この時計は、以前会員さんの個展で購入したもので

す。 フライパンの形が可愛いので人気でした、

黒マットのフライパンなのですが文字の部分はへこ

んでいるだけだったので、マニキュアを買って

「金ラメ』で派手になるかやってみています。

陶器にマニキュアは食器以外にはなかなか有効です

よ。100均ので楽しめます。    (ス)

 

 

 

かわいい「スノコ」

水切り網丸い型抜きでかわいいコレは、お豆腐の水切りだそ

うです、スノコとも言います。

豆腐の白が映えるようにルリ釉が表裏掛けてあ

るので、焼くときには裏に目土を置きました。

それでも素地には目跡が残るので、ルーターを使

って落としています。

持ち帰って上手く収まったか、、早く様子が聞きた

いところです。  (ス)

計画的に作る

計画的に作る
 


以前ブログにあげた作品~素焼き時~
この微妙に柔らかな素朴な色使いは、計画的に考えられたものです。

土は並白で黄土を塗りその後白化粧土を塗って~

乾いたら適当にヤスリで下の赤みを出します、そして掻き落とし模様を。

素焼きになって下絵具で彩色。釉薬も中が白マット、外が透明釉。

なんと、なんと!手がかかっています! hoshi

しのぎの器

地蔵

入会間もないころの作品はしのぎでした。

ネット検索で「これを」って画像を見せてくれて。

あ、はいはい~

と、いつもこんな感じです。

おまけのお地蔵さん、いいですね。

(ス)

イラストから立体へ

小さいモノを体験から入会、今日で3回目です。

イラストを沢山かいたノートからお試し

オーブン粘土の経験から、手際が良いでした。

絵具の出具合などのテストの為にもたくさん

作るのをおすすめです。

そのうちにどこかのお店に並ぶかもしれません。

(ス)

 

 

 

 

藍を染める

藍染め4月に入ってからまいた『藍の種」6月ころから葉が出てきて7月になって収穫です。

綿では緑に染まり、シルクだと藍色と聞いていたものの染物初体験でシルクはやめておいて、綿と麻で挑戦です。

染めている最中はすごい緑色でこれを水洗いすると左下の様に淡淡。これは葉っぱが少ないのだと後で分かりました。

1枚だけ青になったものは最初に染めたもの、他のは「残りのお汁」に、それでも淡いみとりがやさしく、早速バンダナに仕立てました。

来年は種を沢山撒いて(案外歩留まり悪いです)リベンジです。 楽しい作業でした  (ス)

 

 

 

彩色で華やか

彩色で華やか
 



以前ブログに載せたものが出来上がりました。

黒泥で作った蓋物、白化粧土の象嵌でお華を。

その線の上に下絵具で彩色されました。

グッと、華やかに!! hoshi

涼し気にぐい飲み

ぐい飲みひと月ほどお休みの明け。

来てみたら素焼きがあって、

これは案外嬉しいものです。

久しぶりの集中仕事。

涼やかになぐい飲みになりそうですね。

半磁土  呉須絵付け

(ス)

 

釉掛けの日

釉掛けの日
 



今日はカルチャーの会員の方も数人来られて、

教室会員の方も全員釉掛けに頑張っています。

こんな日は使いたい釉薬がすでに混ぜてあったりして~

ラッキー!  hoshi

灯りとり

灯りとり
灯りとり
 



白マットの明り取り、部屋を暗くして試しにつけてみました。

カルチャーの会員さん皆が「うおー」と歓声!!

作者は穴の開け方が良かった~と嬉しそうです。 hoshi

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る