陶芸広場 ちょっと道草ブログ

酸化焼成28(水)予定しています

7月28(水)に 参加焼成を予定しています。

前日より窯詰めを始めますので、施釉はお早めに。(乾かないしね) 

釉薬によって適切な温度が違う為、場所をセレクトしながら詰めていきますよ~good

昨日、今年初セミの鳴き声を聞きましたeye 梅雨明けも近いですね。

熱い夏がやってきますsweat01 熱中症に気を付けていらしてくださいhappy01

記:takahashi.

 

高台の内側

高台の削り

抹茶茶碗を作り続け、形の良いものになってきたとか。

高台作りはなかなか難しいといってます。

いつも、内側は真ん中に「印鑑」が押されていて

せっかく削り出した渦巻きがないのでした。

今回は手数少なくスッキリ、良い感じになっています。

一日一個です。

 

(ス)

化粧掛け上達!

化粧

唐津の粘土で作ったマグ、ぐい飲み、カップ

それぞれに化粧を掛けました。

今回はためらいもなく、瞬時に掛かりました。

素焼き後は呉須でカラスが可愛く、ツバメが品よく

描かれます。

(ス)

ろくろで練り込みを

練り込みをロクロ

上のまるい粘土は白とブルーの粘土をまとめたものです。

ロクロの上でちょっとまとめて

そして挽いてみます。

ブルーと白の渦巻模様になるのですが、、、

ろくろを挽きながら楽しそうでした。

(ス)

 

個性的な花器

個性的な花器
 



会員の江田さんがどこかで見たものを自分なりにアレンジされて

作られたものです。

バランスもよく、色付けが楽しみですね。

象嵌や刻印をどう生かされるのかな~  hoshi

化粧掛け

化粧掛け

昨日タタラで仕上げた角皿2枚、朝一番に化粧掛け

粗めの土で口縁は薄目の作り

へたりの心配もしながら朝日を浴びてもらって

昼頃に5mmくらいの縁切れがみつかったが、

見なかったことに~

(ス)

蓋だけを作る

IMG_0947ーt.JPG

作った蓋物、割ってしまって・・・

新たに蓋だけ作って、割れたところはスプーンを入れて

砂糖入れになるとか。

いいですねえ~

(ス)

 

パステルを使って

パステル陶芸の下絵具です。

下絵具には顔料、チューブ、クレヨン、パステル~いろいろ

今回はクレパスのような書き味、質感

画用紙に描いたようになります。

これは黒い土の角皿の縁に化粧をしてその上にパステル絵の具

左の鉛筆も陶芸用の色鉛筆です、色々持っていて楽しそう。

(ス)。

釉薬掛けましょう

釉薬掛けましょう
 



素焼きが金曜日に出てきたので、皆さん釉掛けが忙しいです。

還元焼成が4日にあり、明日までに掛けると間に合います。

酸化焼成も2月あるので、頑張りましょう。 hoshi

テストピース

テストピース

風化長石のテストピース 酸化と還元分

カサついて雪が凍ったような感じになるかも、、

滑らかにはならないと思いますが

 

出来たらupします。    (ス)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る