陶芸広場 ちょっと道草ブログ

化粧は難しい

化粧土 

クロ土に全面化粧土を施してから更に化粧土で筆書きの花

焼きあがったけど薄すぎて・・

化粧|2のサムネイル画像ロクロ引きの茶碗でリベンジは、化粧土の上澄みを一度取ってから、茶碗の幅の

刷毛で丁寧にさ~あ、って塗りました。これだって焼きあがらないとわかりません

来週何か描き落としするそうです。  (ス)

備前を挽く

備前.JPG

久しぶりのロクロは「備前の緋だすき」です。

滑らかな入りであっという間に30cm口径の皿

広ければ景色ものびのび「緋だすきに牡丹餅」も

 

楽しい時間でした。 BGMはピアノ曲

(ス)

ネコの蓋物

蓋物

 

 

 

ネコの蓋物です。

ロクロで製作、焼けしまって蓋が外れなくて

水の中に浮いてます。

こうすると叩いた時のショックが少ないそうです。

確かに、2回ほど叩く音してました。

 

飴でも入れておこうかしら、、とベテラン作です

(ス)

追い込みです

おいこみ 日曜日の浦和教室です。

パプリカとフライパン展追い込み 

10日後に控えて追い込みです。

途中からリンゴが仲間入りです。

可愛い作品が並ぶと思います。

フライパンはそれぞれの工夫で

直火用の鍋土を使ったり、フライパンの形をした

豆皿だったり、練り込みもあります。(ス)

初めましてのどんぶり⁈

初めましてのどんぶり⁈
 



電動ロクロ修行中のA会員さんは、飯碗位の大きさは挽けるようになりました。

次はラーメン丼が欲しいと何度か挑戦。今日は初めて厚み均一なものが挽けました!

う~ん、チョットおつゆ入るかな~、でも本人とても嬉しそう。

記 hoshino

空と繋がる

空と繋がる
空と繋がる
 



鉄塔というものはマニアックなファンがいると聞きます。

空に向かってすっと立ち上がる姿は魅力的。

陶芸のオブジェも魅力あるものが出来るといいな~

記hoshino

展覧会のご案内

展覧会のご案内
 



浦和の柳沢ギャラリーにて。11月10日より。

3階でA4サイズの45作家の版画が展示されます。そして

2階にて紙や布や木材、陶土等のChristmasに向けての雑貨が並びます。

とても楽しい展示ですので覗いてみて下さい。スタッフ星野も出展しています。

記hoshi

 

キラキラ小さいもの

キラキラ1.jpegきらきら2.jpeg

ちいさいけどキラキラしたものがたくさんです。

これからキラキラになっていくものもあります。

写真の点々はガラスがはまってます。案外上手くくっついてます。

sa

都会のど真ん中に

都会のど真ん中に.JPG

 

久しぶりに陶芸の展覧会に行ってきました。

大きな美術館で海外の絵画などを鑑賞するのもよいですが、ガラス越しではない、作品を数十センチの距離でまじまじと観る事のできる小さな美術館はまた違った良さがあります。

都会のど真ん中にスポッ!!と静かな場所でした。。。

sa

 

本焼きは来週

クスリ掛け 

こだわりのクスリ掛け、ここにこのように、流れたように、もう少し下に、伸ばしたいんだが

クスリ雰囲気は揃っているから、まあ良しですよ

下のぐい飲みも同じように、

何しろ厚がけですから乾きません。

流れないクスリだからよいですけども~

赤土、黄瀬戸(R)

朝からシトシト雨です、

BGM、咽び泣いてます、雨に合います (ス)

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る