2014年1月

馬の置物

こんにちは!今日は昨日までと打って変わり、寒さが戻ってきましたねsnow

今週は寒暖の差が激しいようです。風邪など、引かないようお気をつけ下さい!

 

今年の干支、お馬が仲睦ましく窯焚きを待っていました。

IMG_2571.JPG

焼き上がりが楽しみです!

 

記:y.ogawa

 

 

どんな色がいいかしら?釉薬思案中!

どんな色がいいかしら?釉薬思案中!

羽根のところを化粧土でアクセントを付けようと考えているそうです。楽しみですね〜。




iPhoneから送信

posted by KetaiPost

初窯!織部の作品

IMG_2774.JPGIMG_2778.JPG

 

初窯で出てきた織部の作品です!下地に黄瀬戸釉薬&織部を吹き付け。緑が深く、きれいです。

たたら板を使った筋目模様が効いていますねgood

 

記:y.ogawa

 

今年初めての電動ろくろ

今年初めての電動ろくろ

明けましておめでとうございます❗️
新たな気持ちで作品作りが始まりました。




iPhoneから送信

posted by KetaiPost

初夢

あけましておめでとうございます。

本年も皆様のお越しを心からお待ちしております。

4日(土)より平常通り開講しています。

昨日お越しいただいた皆さん、新年そうそうありがとうございました。

さて、皆さんは「初夢」を見ましたか?

「初夢」というのは、元旦の夜から2日の朝にかけて見る夢というのが一般的ですが、

Wikipedia によると、

「文献での初夢の初出は、鎌倉時代の『山家集』である。そこでは、暦上の新年とは無関係に、節分から立春の夜に見る夢を初夢としている。この時代は、初夢に限らず、立春を新年の始まりと考えることが多かった。

そ の後、暦上の元日を新年の始まりと考えるようになったが、単純に、大晦日から元日の夜に見る夢が必ずしも初夢とはならず、江戸時代には「大晦日から元日」 「元日から2日」「2日から3日」の3つの説が現れた。「元日から2日」は、大晦日から元日にかけての夜は眠らない風習ができたことが理由とされる。「2 日から3日」の由来ははっきりしないが、書初め初商いなど多くの新年の行事が2日に行われるようになったのに影響されたためとも言われる。

江戸時代後期には「2日から3日」が主流となったが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなった。」

なんだそうです。

知らなかった… (^_^;)

皆さんはいい夢が見られましたか?

私は残念ながら全然夢を見てません。

いい夢は、「一富士二鷹三茄子」なんて言われますがいかがでしたか?

現代では「一富士二鷹三茄子」というのはどうなのかな?

「一富士」はまだいいとしても、あとがちょっと…

ん~ 「一富士二飛行機三フォアグラ」なんていうのはどうかな?

ちょっと語呂が悪いですね (*´∀`*)

1
ページトップに戻る