2020年4月

石灰3号

3号釉休業中の今日は釉薬を溶いて終わりです。

透明釉の石灰3号を超デカい容器に2/3ほど作ります。

もっとも失敗のない便利なクスリです。

この3号釉に酸化鉄を入れて茶色、黒。

酸化銅を入れてオリベに、

クスリの話は止まりません。右の作業場の雑巾は

顔が拭けるほどにしてきました。(ス)

 

化粧掛け難しい

化粧掛けはむずかしい4月はじめのブログにupしたタタラの皿

ゆっくり乾燥からデビューの予定でしたが

このように素地から浮き上がっていました。

化粧土を掛けるタイミングの問題か、

上手く剥がせれば素焼き出来ますよお。

(ス)

 

 

 

休業になりました

休業

13日(月)から連休明けまで休業になりました。

今日は日頃やれないところの掃除を少しづつ~

室内はやはり寒々しい

残土をすすぐ箱とその脚になる棒や石膏板たちには

しばらく休んでもらいます。

(ス)

色の試し

色の試し
 



形の良い湯飲みに三又さんの奥様がデルフトの絵付けをされました。

全て違う色で、今回発色を見るためのものだそうです。

明日から五月六日までお休みになるため.~少し先のお楽しみになりました。

hoshi

あひーじょの器

アヒージョ

絵付けを遠くから見ていて、

なんか、アヒージョに合う感じ~

と思っていたらやっぱりそうでした。

鍋土の残りで作ったそうです。

かわゆい絵付けです。

(ス)

チャチャっと金継ぎ

補修補修2壊れた器、

こんなになりました。

金箔での補修です、、って。

一味も二味も違った器に変身しま

した。

眺めているだけでも楽しそう。

(ス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しい蕾

嬉しい蕾
 




今年も陶芸教室の会員さんから頂き、挿し木にした茶花が

つぼみを付けました。 hoshi

釉薬掛けます

釉薬掛けます
 



電動ロクロを始めたばかりの会員さん、練習の成果で沢山の素焼きが

出てきました。釉掛け頑張らなくっちゃ! hoshi

数寄の器

クスリかけいつもどうりにタブレットを手元に置いて、

画面と相談しながら、同じようにしたい、

「いやあ、それをやったら流れますが、いいですか?」

「前と同じ掛け方です・・」などと、

結局中間を取って

「棚板別でやりますから」と、

いつもこんな具合ですが失敗がないのです。(ス)

 

タタラの皿

タタラさら30cm弱、厚さ7mmのタタラで作った皿

左手で皿をかかえ、ししゃくを使ってさ~っと、

やったつもりが、ししゃくに化粧土がたっぷり入っていて

流れるのにもたついて・・

そんなこんなでハラハラの化粧掛けでした。

その後もへたりはしないかとのぞき込んだり

次回からはもう少し厚めでの作りだと安心できますよ。

(ス)

1  2
ページトップに戻る