2020年11月

楽しくて美味しいもの

楽しくて美味しいもの
 



いつも可愛い絵付けで楽しませてくれる中山さん、

今日は美味しそうなフルーツがいっぱいです。hoshi

秋の贈り物

秋の贈り物
 



先日榛名神社へ行ってきました。紅葉が最高!

たまには自然に癒され、元気になって作陶ですね。

hoshi

透かしの蓋物

透かし模様

手びねりです。

蓋物ですが「亀」です。

尻尾や足が見え隠れしてます。

初めはただ亀かと思っていましたが、

透かしを入れたらなんと素敵になって

小さい灯りを入れても良いです。

(ス)

釉で描いてみた

釉で描く

10cmほどの平鉢に絵具ではなく

釉薬を使って描いていました。

下地に黄瀬戸を掛けてあるので、

滲みが出るかも

上手くいくと良いですね。

(ス)

補修

-t.JPGのサムネイル画像焼き締めの汲み出しは見事な練り込み模様でした。

白に黒土で染付風の模様です。

これは「金」が映えるでしょう!

っと、預かりました。

ゆっくり丁寧に金で繕いたいと思いました。

上手くいったらupします。

(ス)

 

シャープな彫り模様

シャープな彫り模様
 



斜めに切り替えのあるモダンなデザインですね~

一気に仕上げた後に、目がしょぼしょぼするっておっしゃる江田さんです。

hoshi

スマホ〜携帯立て

スマホ〜携帯立て
 



なんとも楽しいスマホ立てです。

焼きあがって使ってみると、重量感や高さや幅や~

微妙な部分がわかってくるでしょう。 hoshi

しっぴき作り

IMG_0845-t.JPG「しっぴき」を作ろうと思うのですが、

針金、どんなのがいいでしょうか~

簡単なのは釣りに使う水糸なんですが、糸の撚りが

土に出ますねえ。

針金も細いと切れちまうとか手にしんなりとこないとか

今日はこれを眺めてるだけで終わりそうです。

ホームセンターに行きませんと・・・・ (ス)

撥水剤で釉薬を抜く

撥水剤で釉薬を抜く
 



蓋物の鍋に上薬を掛ける前です。どこまで撥水剤を塗るのか、皆が

少し悩みます。釉薬によっては見事に蓋がくっつくことがあります。

余り流れない釉薬をチョイス、そして流れる方向を考慮して

少し幅を広く撥水剤を塗るのが無難かしら~

hoshi

« PREV 1  2
ページトップに戻る