2022年5月

ホイル焼き?その後...

アルミホイルで緋襷

素焼き後です。

hida 1.jpg

hida 2.jpg

このあと本焼きへ!

Ð

急須、作り続けています。

急須、作り続けています。
 



会員のKさんはこのところ熱心に急須作りをされています。

雰囲気の違う二つのうち一つプレゼントしたいと~並べて鑑賞中。 hoshi

 

アルミホイルで緋襷

乾燥棚にあるアルミホイル包み、気になりますよね。

備前焼の緋襷をねらっています。

a5.jpg

素焼き前の作品に藁を巻きつけ、アルミホイルで固定。そのまま素焼きへ

素焼き作品に緋色がでます。その緋色でOKなら、そのまま本焼きへ。

(足りなければ再度藁を巻いて鞘を使って本焼きへ)

Sさんの制作過程を撮らせてもらいました。(ありがとうございました。)

a6.jpgblog a1.jpgのサムネイル画像blog a2.jpgのサムネイル画像blog a3.jpgのサムネイル画像興味のある方!ぜひ!

Ð

 

なんちゃって金継ぎ~乾燥後

なんちゃって金継ぎ乾燥後をUPしますshine

乾燥後なんちゃって金継ぎ 乾燥後.jpg  なんちゃって金継ぎ

乾燥前なんちゃって金継ぎ のサムネイル画像  20220519_154433.jpg

乾燥後大差無いようですwink 

酸化焼成作品、届きましたshine 酸化焼成窯だし作品

記:takahashi.

なんちゃって金継ぎ

還元焼成の予定は...

みなさま、いつもありがとうございます。

還元焼成は、6/2 の予定です。

締め切りは、5/31…

よろしくお願いいたします。

 

酸化作品は、23日窯出し、24日火曜日に運搬予定となっています。

楽しみですね!

Ð

モカウェア

blog mo1.jpgblog mo2.jpg

樹木のような模様が、アラビア石英(モカストーン)に似ていることから、“モカウェア”といわれています。

サンプルを作ってみました。

モカ液(タバコの葉を熱湯に一晩浸して濾したもの)で呉須を溶き、化粧土をかけたばかりの面に筆でおきます。

科学反応、浸透拡大力で樹木のような模様が出てきました。

素焼き後、透明、わら白、つや消し透明で、酸化焼成。

興味のある方、試してみませんか?

Ð

酸化焼成 本日夕方までOK

昨日、窯詰めし、作品数が満たないので来週とブログにUPしましたが…

すみません。

 ギリギリ本日の夕方まで締め切りを延ばして、決めるそうですshadowsweat01

記:takahashi.

なんちゃって金継ぎ~金粉登場~

やっとで「なんちゃって金継ぎ」の続きでございます。お待たせいたしましたpaper

前回道具を揃え、陶磁器用ボンドを使用、乾燥をさせてからのお話しでございます。

(※今回↓大きな破損部分はありませんでしたので、パテは使用していません)

なんちゃって金継ぎ ←新うるしと金粉を混ぜます

danger新うるし、ベタベタしますので開封する際 ご注意くださいdanger

なんちゃって金継ぎ うるし薄め液を加え、濃度を調整

描きやすいように、少しづつ薄め液でのばしていきます。入れ過ぎると、金粉にムラが出る感じ。緩いと、描くと垂れてしまうと思います。こんなかなぁ~?と、なんたって初めてですので適当ですsweat02 

なんちゃって金継ぎ  筆でのせていきます(ポテッと上絵のように)

張りのあり過ぎるナイロン製などは、不向きのようです。しなってくれる細筆が良いでしょう。

なんちゃって金継ぎ ヒビ修理箇所

↑フエルトペンを使ってしまい細い線が描けなかったcoldsweats01 垂らして、筆先で引っ張る~という感じに。

なんちゃって金継ぎ 欠けた部分を塗った後 なんちゃって金継ぎ ヒビ修正箇所

なんちゃって金継ぎ 裏

↑はい、触ったぁ~catface こんな事にならない様に、ご注意を!

この後、しばらく乾燥させて終了です。どう仕上がりますやら。乾燥後、(失敗していても)UPしますsmile

 尚、酸化焼成は窯詰めしましたが、作品数が満たない為、来週に持ち越しするそうです。

記:takahashi.

 

 

 

妖精たち?

burog1.jpgburog2.jpgburog3.jpg

公園で、ばったり遭遇happy01

埼玉のPRのために頑張ってるのね!

ありがとう~

Ð

1  2
ページトップに戻る