作品

日にちを差し込む

日にちを差し込む
 



薄いカードの様な陶板に化粧土の数字が浮き上がっています。

これを毎日差し替えるそうです。お家の様なカレンダー。

本人はボケ防止と言われるけど、遊び心いっぱいです。

記 hoshino

 

てびねりの皿に葉っぱを

葉っぱをアレンジ
葉っぱをアレンジ
 



ご自分の庭の葉っぱを利用して幾つもお皿を作っている方がいます。

葉っぱを土の表面に、刷り込む様に丁寧に葉脈を入れていきます。

もみじは葉脈が弱く、外してから針先でなぞったものです。

バランスの良い構図で、楽しみです。

記 hoshino

そら豆登場

そら豆登場
 



シメジ作りの名人、E会員さんがそら豆を生産中です。

言い忘れましたが、どちらも箸置き。

ほんとに食べてしまいたい、食欲そそる作品ですね~

記 hoshino

まるでお菓子みたい

蓋物

ひと月前はこんなに桜が降っていました   ↑

蓋物出来

出来上がったのはまるで砂糖菓子の様に

とても美味しそうに出来上がりました。

手びねりのベテラン作       (ス)

釉薬を掛け分ける

釉薬を掛け分ける
釉薬を掛け分ける
 



黒釉と黒マットの組み合わせは、どちらもぽっちゃんと浸けたもの。

パラソルの壁掛け一輪挿しは、釉薬を筆でのせたものです。

釉薬の組み合わせはそのデザインによるところが大きいです。

一色で良かったじゃん!なんてなりません様に。

記 hoshino

ネコの蓋物

蓋物

 

 

 

ネコの蓋物です。

ロクロで製作、焼けしまって蓋が外れなくて

水の中に浮いてます。

こうすると叩いた時のショックが少ないそうです。

確かに、2回ほど叩く音してました。

 

飴でも入れておこうかしら、、とベテラン作です

(ス)

可愛さがたまらない!

可愛さがたまらない!
 



触りたい!かじりたい!ほんとに可愛いシメジちゃんです。

赤土と白土を実にうまく形作ってます。

江田会員さんの得意技。

記 hoshino

映画より〜

映画より〜
 



今上映中の映画タイトル「日日是好日」、素敵な言葉ですね。

願いを込めて、陶の短冊にされたH会員さんです。

記 hoshino

釉薬で遊ぶ

釉薬で遊ぶ
釉薬で遊ぶ
 


彫模様を深めに入れて、そこに丁寧に釉薬を筆で重ねて焼成したものです。

側面の為、のせすぎると流れてしまいます。薄いと発色しません。

とても時間をかけてムラがなくやられた仕事、結果素敵な作品が生まれました。

hoshino
 

夏よ、来い?!

夏よ、来い
 



かなり遅ればせながら、本当にかわいい蚊取り線香入れが

出来ました。赤土に藁白釉で、口元の釉薬を抜いた部分が効いています。

作りが色々可愛い~いつも丁寧な江田氏の作品。

hoshino

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る