作品

チョコとケーキの焼き上がり

チョコとケーキの焼き上がり
 





数日前、素焼きに絵付けしている状態でupした作品。

バレンタインデイのために~

見ていたら~たまらない。私、手に取って食べちゃうよ!

hoshi

ポンスで穴を開ける

ポンスで穴を開ける
 



きのこは江田さん、サボテンは秋保さんの作品です。

どちらも香りを楽しむものです。

ポンスの開け方がとても良くて素敵な作品! hoshi

使ってみたいお皿

使ってみたいお皿
使ってみたいお皿
 



会員の江田さんが素敵なお皿を作っていました。

自分で面白いと思える形を追求されたようです。裏の高台削りもエッジが

効いてかっこいい!  釉掛けをどうされるかな~ hoshi

想像どうりです

想像どうりです
 



斜め掛けで、半分だけ瑠璃釉の上にそば釉をかけました。

還元焼成。とてもいい色合いになりました。

お正月に是非使いたいと作者はうれしそうです。hoshi

素敵なコントラスト

素敵なコントラスト
 



本体表面に彫模様を施して、そのくぼみに白化粧土

を入れ込んだものです。この技法を続けているKさんの作品。

土は並赤で、釉薬は織部です。

とてもモダンなカップになり、みんなが欲しがっています。

hoshi

秋がきました

秋がきました
 



元気に実った椎の実やどんぐりが私達にも元気をくれます。

秋の風情が和みます。

箸置きは季節を取り込んで色々つくりたいですね。 hoshi

堂々たる抹茶碗

堂々たる抹茶碗
 



長く陶芸を続けていらっしゃるカルチャーの会員の作品。

今、抹茶碗を作り続けて30個超えたでしょうか~

今回はワイルドに力強いものに。薬も内側は黒釉で、

外側は黒釉をはぎ取り蕎麦釉を塗ったりと、思うままに

工夫されています。 hoshi

雅びな花入れ

雅びな花入れ
 



花車の写真を見ながら、自分らしくアレンジして作られました。

黒泥の土に、車の部分だけ白化粧土で象嵌です。

車を引く棒と、上にかぶせてある網状の板はとりはずせます。

バランスよく、丁寧に作られています。

今から釉かけされまーす! hoshi

釉薬の掛け合わせ

釉薬の掛け合わせ
 



手びねりで、時間をかけて丁寧に作られた作品です。

いつも黙々と一所懸命なのです。

黄瀬戸と織部の定番ですが、合わせ方が素敵で優美です。

hoshi

箸置き〜思いつくまま

箸置き〜思いつくまま
 



可愛い箸置きを作り続けているE会員さんです。

先日はシメジが印象的でしたよね!

今回秋へ向けての新作、どんぐりです。 

これは今日形成で、乾燥、素焼き、釉掛け、本焼きへと続きます。

どんな風に変わるのか、とても楽しみ。  hoshi

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る