作品

使ってみたいお皿

使ってみたいお皿
使ってみたいお皿
 



会員の江田さんが素敵なお皿を作っていました。

自分で面白いと思える形を追求されたようです。裏の高台削りもエッジが

効いてかっこいい!  釉掛けをどうされるかな~ hoshi

想像どうりです

想像どうりです
 



斜め掛けで、半分だけ瑠璃釉の上にそば釉をかけました。

還元焼成。とてもいい色合いになりました。

お正月に是非使いたいと作者はうれしそうです。hoshi

素敵なコントラスト

素敵なコントラスト
 



本体表面に彫模様を施して、そのくぼみに白化粧土

を入れ込んだものです。この技法を続けているKさんの作品。

土は並赤で、釉薬は織部です。

とてもモダンなカップになり、みんなが欲しがっています。

hoshi

秋がきました

秋がきました
 



元気に実った椎の実やどんぐりが私達にも元気をくれます。

秋の風情が和みます。

箸置きは季節を取り込んで色々つくりたいですね。 hoshi

堂々たる抹茶碗

堂々たる抹茶碗
 



長く陶芸を続けていらっしゃるカルチャーの会員の作品。

今、抹茶碗を作り続けて30個超えたでしょうか~

今回はワイルドに力強いものに。薬も内側は黒釉で、

外側は黒釉をはぎ取り蕎麦釉を塗ったりと、思うままに

工夫されています。 hoshi

雅びな花入れ

雅びな花入れ
 



花車の写真を見ながら、自分らしくアレンジして作られました。

黒泥の土に、車の部分だけ白化粧土で象嵌です。

車を引く棒と、上にかぶせてある網状の板はとりはずせます。

バランスよく、丁寧に作られています。

今から釉かけされまーす! hoshi

釉薬の掛け合わせ

釉薬の掛け合わせ
 



手びねりで、時間をかけて丁寧に作られた作品です。

いつも黙々と一所懸命なのです。

黄瀬戸と織部の定番ですが、合わせ方が素敵で優美です。

hoshi

箸置き〜思いつくまま

箸置き〜思いつくまま
 



可愛い箸置きを作り続けているE会員さんです。

先日はシメジが印象的でしたよね!

今回秋へ向けての新作、どんぐりです。 

これは今日形成で、乾燥、素焼き、釉掛け、本焼きへと続きます。

どんな風に変わるのか、とても楽しみ。  hoshi

 

釉薬が面白い

釉薬が面白い
 



これは氷裂貫入という釉薬で、E会員さんの個人のものです。

A会員さんは個人的に頼んで使わせてもらって、成功です。

黒土にかなりの厚掛け。ちじれ具合も期待どうり。

コチコチの釉薬頑張って混ぜて良かったね!!

hoshi

計画的に作る

計画的に作る
 


以前ブログにあげた作品~素焼き時~
この微妙に柔らかな素朴な色使いは、計画的に考えられたものです。

土は並白で黄土を塗りその後白化粧土を塗って~

乾いたら適当にヤスリで下の赤みを出します、そして掻き落とし模様を。

素焼きになって下絵具で彩色。釉薬も中が白マット、外が透明釉。

なんと、なんと!手がかかっています! hoshi

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る