スタッフの日記

流れる美しさ

流れる美しさ
 



長年茶道をされている方が平茶碗を作られました。

松葉釉の還元焼成でしょうか?

流れた釉が趣のある夏らしい茶碗になりました。 hoshi

ポンスで穴を開ける

ポンスで穴を開ける
 



きのこは江田さん、サボテンは秋保さんの作品です。

どちらも香りを楽しむものです。

ポンスの開け方がとても良くて素敵な作品! hoshi

白化粧の後に〜

白化粧の後に〜
 





赤土の伸びやかな曲線の花瓶です。

白化粧土を吹きかけた後に彫物の装飾をするそうです。

手が込んだ江田さんの作品です。 hoshi

秋の体験さん

秋の体験さん
 



まだ残暑が厳しい折ですが、秋らしい風や虫の音を感じるように

なってきました。

最近体験の希望が目立ちます。今日も楽しそうに作られました。

hoshi

唐津釉

唐津釉
 



どちらのカップにも唐津釉がかかっていて、狙い通り素敵!

どちらも還元焼成の作品。

土が違うとこんなに感じが異なります。

赤御影を少量混ぜた赤土と、黒泥土の作品。hoshi

 

 

白マットのマグカップ

白マットのマグカップ
 



昨日の作品と同様、釉薬の濃さで変化をつけたものです。

内側はノーマルな濃さ、外側は薄く掛けています。

還元焼成の土感ある素敵なカップになりました。hoshi

釉薬を流す

釉薬を流す
 



このペアの板皿は、初めにごく薄い釉薬にどぶずけして~

それから片手で持ち、普通の濃さの釉薬を流したものです。

わら灰釉の還元ガス焼成です。

濃さの変化が素敵な味わいとなりました。 hoshi

美しい瑠璃の釉薬

美しい瑠璃の釉薬
 



この作品は会員の木村さんがずっと続けている技法のものです。

並赤の土に白化粧土で象嵌がしてあり、その部分が明るい青です。

インド式のチャイを飲むそうです。黄瀬土の可愛いものも出来ていました。

チャイパーティーで盛り上がる日が早く来ますように! hoshi

 

艶無し透明釉

艶無し透明釉
 



名前からすると、艶の無い透明な釉薬のはずですが~薄く掛けないと

白くなります。後藤さんは気をつかって、だいぶ薄掛けにしたのですが全体に白くなりました。

黒土で縁に白化粧土で装飾してあるので、もっと透明であればメリハリが

出たのですが。。。この釉薬難しいです。

これはこれで上品でモダンです。 hoshi

 

楽風 ワンクリエーター

楽風 ワンクリエーター
 



最近まで陶芸広場の講師をされていた、サファリ由佳先生が、

7月17日から31日まで、浦和の喫茶ギャラリー楽風のワンクリエーターコーナーにて、

展示販売されています。

私はコーヒーにケーキ(お茶屋さんですがここのコーヒーが大好きなんです)

でゆっくりしてきました。お時間があればぜひ。hoshi

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る