技術・技法

象嵌の模様を

練り込み模様

象嵌の模様を削り中

黒土に白が入ります、

シンプルですが細かいので見栄えすると思います。

10cmほどの深鉢でした。

(ス)

お洒落なかき落とし

お洒落なかき落とし
 



会員の後藤さんらしいモダンなセンスが光ります。

化粧土の濃さが思いどうりに出るといいですね~

hoshi

黒土と白化粧土

黒土と白化粧土
 



黒いベースの皿の縁に白化粧土を塗布して~

乾いたら掻き落としをしたいと、スタンバイ!

明日は掻き落としをした皿をupします。hoshi

ボトル風花入れ

ボトル風花入れ
 



相田みつをの言葉が、掻き落としで書いてあります。

素朴な野の花が似合うだろうな~  hoshi

象嵌の削り

象嵌の削り
 



白化粧土の象嵌です。いつも丁寧な仕事です。

三角をバランス良くデザイン化されています。

象嵌した線がクリア~に現れるこの作業が一番楽しいですよね。

hoshi

初めての白化粧

初めての白化粧
 



白化粧という言葉も初めて聞いたという会員さんに、

まずは自分でちょっとやってみましょう!と

タラ~と流してもらったのが、焼き上がりました。

藁白薄がけ、還元焼成。焼いて、見るが一番です。 hoshi

雅びな花入れ

雅びな花入れ
 



花車の写真を見ながら、自分らしくアレンジして作られました。

黒泥の土に、車の部分だけ白化粧土で象嵌です。

車を引く棒と、上にかぶせてある網状の板はとりはずせます。

バランスよく、丁寧に作られています。

今から釉かけされまーす! hoshi

計画的に作る

計画的に作る
 


以前ブログにあげた作品~素焼き時~
この微妙に柔らかな素朴な色使いは、計画的に考えられたものです。

土は並白で黄土を塗りその後白化粧土を塗って~

乾いたら適当にヤスリで下の赤みを出します、そして掻き落とし模様を。

素焼きになって下絵具で彩色。釉薬も中が白マット、外が透明釉。

なんと、なんと!手がかかっています! hoshi

横たわるのはアスパラ!

アスパラ

テレビの料理番組をみて素敵だな~ということでアスパラの器を作られています

横たわるのはアスパラです!!

タタラ成形というやり方で、板状にした土が底の部分になります

側面のアスパラは、ひも状に伸ばした土を重ねてつけています

これからより一層アスパラらしく装飾をします

夏の美味しそうな緑のアスパラの器になるのでしょうか?

sa

色を加える

色を加える
 



これは素焼きしたもので、黒泥に白化粧土を象嵌してあります。

透明釉を掛けるのですが、少し華やかにしたいと~

白い線の上に下絵具を加えられました。

どう発色しますか?楽しみですね~  hoshi

1  2  3
ページトップに戻る