釉薬

唐津釉

唐津釉
 



どちらのカップにも唐津釉がかかっていて、狙い通り素敵!

どちらも還元焼成の作品。

土が違うとこんなに感じが異なります。

赤御影を少量混ぜた赤土と、黒泥土の作品。hoshi

 

 

白マットのマグカップ

白マットのマグカップ
 



昨日の作品と同様、釉薬の濃さで変化をつけたものです。

内側はノーマルな濃さ、外側は薄く掛けています。

還元焼成の土感ある素敵なカップになりました。hoshi

釉薬を流す

釉薬を流す
 



このペアの板皿は、初めにごく薄い釉薬にどぶずけして~

それから片手で持ち、普通の濃さの釉薬を流したものです。

わら灰釉の還元ガス焼成です。

濃さの変化が素敵な味わいとなりました。 hoshi

手捻りの味わい

手捻りの味わい
 



入会以来ずっと手びねりをなさっている菱沼さんの作品。

手に取って見たくなりますね~

表面にカンナの跡を大胆につけて、黄瀬戸釉を掛けました。

口元に弁柄のせてあります。還元焼成。 hoshi

美しい瑠璃の釉薬

美しい瑠璃の釉薬
 



この作品は会員の木村さんがずっと続けている技法のものです。

並赤の土に白化粧土で象嵌がしてあり、その部分が明るい青です。

インド式のチャイを飲むそうです。黄瀬土の可愛いものも出来ていました。

チャイパーティーで盛り上がる日が早く来ますように! hoshi

 

志野釉の良さ

志野釉の良さ
 



手びねりの素朴な形に志野釉がとても合っていて、さりげない鉄絵がいい具合です。

釉薬の濃淡や手あとも、志野釉らしい風情があります。

手びねりだけで作品を作られている菱沼さんの作品。 hoshi 

大胆です

大胆です
 



大胆な色合わせで、思いつくまま自由に筆を動かした感じが、

とても良いと思います。 

下絵具と瑠璃釉を使っています。  hoshi

黒い皿の釉掛け

黒い皿の釉掛け
 



黒い土で作ったお皿に、黒釉と黒マットの釉薬で掛け分ける

のが、ちょっとブームになっています。

今回の生徒さんは釉薬の隙間をあけて、土の色を見せています。

やっぱり、モダンですね~   hoshi

想像どうりです

想像どうりです
 



斜め掛けで、半分だけ瑠璃釉の上にそば釉をかけました。

還元焼成。とてもいい色合いになりました。

お正月に是非使いたいと作者はうれしそうです。hoshi

豊かな釉薬

豊かな釉薬
 



土は黒土で、唐津釉を二度掛けしてもらいました。

還元焼成で、深い青味を帯びて何とも言えない綺麗な色に

なったと思います。生徒さん喜ばれました。 hoshi

1  2  3  4  5
ページトップに戻る