焼成

10月のお休み

何日間か過ごしやすい日が続いて、気持ちいいなと思っていたら次の台風が来るようです。

今週末は三連休となりますが、どんな感じで過ごそうかなという感じですね。

我が家の町会では先週末に自治会運動会に参加の予定でしたが、台風で延期、その後人手不足で中止になってしまい「残念だね~、景品どうなるのかな~」なんて話になってました!!

 

さて陶芸広場は、10月8日(月)は体育の日の為お休みをさせていただきます。

今月三週目には本焼きの窯たきになる予定です。釉薬かけ、お待ちしてます!!

 

sa

 

小物つくりの楽しさ

小物つくり現在休会中の会員さんが自宅で作っている「小さいもの」を

持って寄ってくれました。

主にアクセサリーで紐をかけて、鏡で見て、「いいわあ~」

それぞれに紐の色、紐の太さ、金具、、考えるとたのしい~

昼食をしながらも、窯が身近にある便利さ、楽しさ、工夫

などなど「陶芸窯談義」です。

そして縄文土器のはなし、作り方、今は焼き締めに夢中とか。 

 (ス)

 

 

 

 

 

 

窯の底

窯底 窯底

窯の一番下の棚板がガタつくので掃除もかねて修正しました。

改めてみると底部分も「頑張ってる感」たっぷりでした。

右画像の底のえぐれですは熱線をつなぎ合わせるときにできたキズ、素材が案外もろいんだとわかります。

掃除のためにはンKgの体重もかかります・・・大丈夫、そ~っとやってます。   (ス)

 

窯掃除②

窯掃除 窯掃除終わり

グラインダーで棚板の汚れを取ったり、払ったりで室内は真っ白になるので窓全開です。

暖かな一日でよかったです。

窯の中に入って掃除をして、棚板に20枚にアルミナを塗りながら乾燥中です。

これでしばらくは小さい掃除で賄えそうです・・・   BGMはサザンでした。   (ス)

 

窯掃除です

窯掃除

前回から少し間が空いてしまって、

今日はきっちり掃除します、これから~

暖かくなると何やらやる気が出るもんです!

 

(ス)

窯の中で起こること

窯傷 傷

IMG_1172.JPG本焼きのためのクスリ掛けの時には何もなかったのに

焼きあがったらこんなことになって~なんてことが

時々あります。大抵はちょっとした注意で無くせるこ

とですが、今回の左下の器は底部がパカッと割れて

いました。。。

均等な厚みで仕上げてあり、よ~く見ても傷、空気、

ありません。   う~ん、わかりません・・(ス)

皿底の沈みの補強

-1-1.JPG 皿

皿の底 皿の底

本焼きを詰める前に、お客さんがちょっとした作業をしているところです。

前回皿を焼いたときに底が落ちて右上のようになりました。

それを今回は無くしたいとのことで、裏に粘土で手つくりのメダルを付けて焼いてみるそうです。

ノリは大和糊ですが、どんな具合になるかはわかっていません・・・・上手くいきますように!!   (ス)

 

 

 

炭化作品

炭化作品11月に送った焼成すみの3点、

炭化の窯にあぶられて焼きあがってきました。

前回の炭化は黒ずんであがりましたが、今回はどれも

白っぽく、灰色っぽく、時々黒も、、、、

右のツボたちは大変に気配がよく格段の変化です。

左の百合鉢は乳白と欽ようがかかっていましたが

炭化後の変化は欽ようが赤くなり全体がマットに

 

 

本焼きがすんでその後の炭化と、2度楽しみました。次回もまた参加したいと思います。(ス)

炭化焼成へ運ぶ

IMG_0734-1.JPG 12月中旬の焼成のための作品です。戸田からは3点の参加。

本焼きがまだなので東川口の教室に依頼します。

 

本焼きが済んだものを1000度の低温焼成、それにより、

程よい炭煙にまかれたものが出来上がります。

景色の期待はあまりできませんが、ちょっとした変化が

みられるとラッキーです。

12月下旬に戻ってきます。

雨!

IMG_0574.JPG

 

今朝は雨!

秋の長雨、でしょうか

これから窯詰めします。

 

1  2
ページトップに戻る