補修

器のホツ

欠け35cmの大鉢に欠けたのを見つけました。

展示棚の上段に載せていたのですが、何かぶつかったかも。

で、補修を小さめで何とかしませんと・・

骨董では、このくらいをホツ(ほつれ)って言いま

す。5ミリ以上だと欠けって言います。

ホツは直しが簡単ですが、欠けになると無くなった

部分を作るので時間がかかります。   (ス)

 

 

 

 

 

小皿の直し

補修

雨降りです、そして寒いです。

今日は練り込みの小皿の補修

ちょっと割れが大きく開いて、段差が出来ているのでした。

補修の仕方の見本なので気楽ですけど

出来たらupします。

(ス)

 

 

 

皿の補修

補修 揃いの「目玉焼きとウインナーの皿」

補修のサムネイル画像のサムネイル画像

そのうちの一枚、切れが出来て焼けました。

とりあえず使えるように補修

やってみるとあちこちに切れが見つかります

可愛いウインナーソーセージの「タコ」

これで使えます!

(ス)

底切れの補修

補修 補修のサムネイル画像のサムネイル画像

補修上の2点は底切れです、預かって何とか使えるところ

まででやってみました。

美しくはないけれど水が漏ることはありません。

ずっと使えます。なまこ釉がかかったきれいな中皿で

みんなで残念がって「わあ、素敵なのに~い」

もう一点は素焼きの板皿が棚の中で割れてました。

またまた残念!素焼きの割れに有効な接着剤を使って

みました。上手くいきますように。    (ス)

1
ページトップに戻る