日記・コラム・つぶやき

陶人形

いつも可愛い作品を作る  (F)  さんの最新作heart04

撮影させてもらいました!

『この子達、写真写りが良いのね~』と・・・

いえいえ、実物の方が、すっごくかわいいhappy01

 

平面から立体

立体

イメージしたものが、立体に

いいですね。

特に寸法は意識していないようで・・・

粘土を積み上げながら、バランスよく

仕上げも描いたとおりに、いつものように、

(ス)

パステルカラーの小物

アクセ

季節に敏感!

パステルカラーの春らしい作品出ました。

どんな仕上げになるのか

胸元に、髪に、バックに、

楽しみましょう~

(ス)

 

 

和紙の様な皿

練り込み皿練り込み技法の角皿で、浦和教室の秋山さん作です.

秋山さんは先日の「テーブルウエアーコンテスト」

に入選しました。

出品の為には試作品を何十枚も作ります。

練り込みというと,難しい模様がぎっしり詰め込まれ

ていてびっくりするものが多い中、これは違ってい

てまるで和紙の様な。この柔らかさは色合いのせい

か陶器には見えないのです。

模様が微妙に揺れて見えます。余白が多く着物の裾模様のようにも、この一枚はとても新鮮でした。 (ス)

 

 

 

春は近し

春は近し
 



草加カルチャーへの道すがら、紅白の梅の花が春を告げています。

釉薬を溶いたバケツの水がぬるむのも、もう間近。

いよいよ、創作の時ですね~  hoshi

入るなか〜?

入るなか〜?
 



今日釉薬を掛けに来られた方々、15日が本焼きだと聞いて~

俄然やる気になってます。

窯に入ったら嬉しいな~とワクワクの顔です。

hoshi

掛け分け

掛分けクスリを2種類、黒とキンヨウです。

掛け分けるときにゴムを塗りました、

塗りが薄かったのかゴムを剥がすのに苦労しています。

今度は剥がしたゴムの部分にキンヨウを掛けます。

ちょっと手間がかかるけど出来上がると

「おおっ」となります。

(ス)

いつまでも〜

いつまでも〜
 



少し乾きすぎてしまった作品は高台削りに手こずります。

削っても削ってもまだ足りないのです。

う~ん、会員さんのうめき声が~~~

hoshi

秋田~

秋田駅! 大きな『なまはげ』と『秋田犬』がお出迎え!

そういえば…会員さんが、小さなワイルドなまはげ、作ってた…

仕上がりが楽しみです。               dai

 

人形は得意です。

おとおちゃん人形作りが好きなお客さん

時々車椅子でご主人を連れて作陶も

今日は「お父ちゃんを作ってみたら?」とお勧め

「えっ、いやだ、出来ない、やだ~あ」とか

言いながらもやりました。

さすが、さすが

そうなんです、ほんとにこんなふうです。

照れながらも帰りはニコニコでした。 (ス)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る