個展・その他展示、展覧会

ネコおりべふたものの世界

元会員の松橋繫実さんが 個展をされますsign01

ネコおりべ

9/30(金)~10/2(日) 11:00~18:00

 Gallery  MADO

杉並区西荻南3-5-13

JR西荻窪南口徒歩3分

手の込んだ ネコモチーフの蓋物です。ネコ好きの方は ちょっと足をのばして欲しいにゃcatheart04

記:takahashi.

 

コルソ 陶芸イベント

先月行いましたコルソのイベント、80超の体験数となりました。

コルソ 4階 陶芸体験 コルソ陶芸体験

会員様にご協力いただき、ありがとうございましたshine 

そして、今月末 8/29(月)~9/1(木)4日間 コルソ1階通路 にて再びあります。(本当はこちらがメインcoldsweats01 )

1階の通路は、交通量も多く、たくさんの方に見ていただる機会です。

参加、大募集!!物怖じせずに、ご出展くださいgood

記:takahashi.

 

 

 

 

さいたま市展入選おめでとう!

会員の 蒲生 邦典さんが、第19回さいたま市美術展覧会に入選されましたshine

第19回さいたま市展.jpg おめでとうございますsign03

 浦和美術館(浦和センチュリーシティ3階)  

工芸部門は、本日12(火)より17(日)まで

10:00~17:00 ※日曜は13時まで。入場は閉会30分前まで。

入場無料ですpaper

記:takahashi.

第8回菊池ビエンナーレ

第8回菊池ビエンナーレ
第8回菊池ビエンナーレ
 



だいぶ以前に教室にいた朝倉さんから、初入選の連絡をいただき、

何度かご案内されたので、マスクをして用心しながら行ってきました。

とても完成度の高い作品ばかり、その中で朝倉さんの作品はおおらかで~

絵付けもユーモラスな感性が良かったです。

私が一番好きだった「志野彩文盤」、美しかったです。 hoshi

 

展覧会のお知らせ

展覧会のお知らせ
 



フラム会員の、飯田さん、宇佐美さん、小田切さんの

三人展があります。

ベテランさんの個性がそれぞれ独特で見応えありそうです。

10月10日から15日まで。浦和の楽風にて。  hoshi

井坂奈津子個展

井坂奈津子個展
井坂奈津子個展
 



以前から好きな作品で何度か観に行っている井坂さんの展覧会です。

彼女の発想の源は川べりで拾い集めた石ころなのです。

石に彩色して、生き生きとした人間を作り、それから始まるのです。

エネルギッシュなおおらかさが好きなのです。

9月14日まで。銀座煉瓦画廊にて。 hoshi

世界絵本原画展

世界絵本原画展
 



浦和美術館にて絵本の展覧会を観ました。

スロバキア共和国の首都ブラティスラバで2年ごと開催される、

世界規模の絵本原画コンクールの展覧会です。

日本を巡回しており、今浦和美術館でやっています。

見応えがあって、楽しい時間でした。

28日まで。近いですから~   hoshi

花柄になるのかな?

 

burogu.JPG

気持ちいい風が教室の中に入ってきて、皆さんの作業もはかどっています

いつも細かいパーツを器用に貼り合わせて作品を作られていますが、今日はそのパーツ作りをしているもようです

他の方たちの練り込みの作品などを見て刺激を受けながら作られているのかな

土を棒状にして模様の形に貼り合わせています

この後薄切りになり作品になるのでしょうか?

楽しみです、この後の作業も載せられるといいですね

さて、次週17日金曜日より陶芸広場、サロンドフラム、東川口陶芸教室、合同の作品展が埼玉会館(浦和駅)にて開催させていただきます

会員の方々の一年の集大成となりますので、ぜひお立ち寄りください

あわせて、楽風の一階のワンクリエーターコーナーにて同じく17日より陶芸広場の会員さんのアクセサリー作品の展示もあります

少し足をのばしていただいてお茶のみがてらいらして頂ければ幸いです

 

sa

 

 

椅子の展覧会

椅子の展覧会
椅子の展覧会
 



埼玉県立近代美術館で、ブラジル北部の先住民の人々が

作った椅子の展覧会が開かれています。

椅子は部族の長が座るためのもの、位を表す神聖なものとして

作られていました。今現在人々の生活の糧として売られています。

その葛藤も垣間見れる展覧会だと思いました。 

5月19日まで。   hoshi

ルート・ブリュック展覧会

ルート・ブリュック展覧会
ルート・ブリュック展覧会
 



フィンランドを代表する銘窯アラビアの専属の、

セラミック・アーティストの展覧会へ行ってきました。

自由なデザイン、色使いに魅了されました。

特に蝶が素晴らしいです。蝶の研究者だった父親の影響で、

とても大切にしていたモチーフだそうです。

東京ステーションギャラリーで、6月16日まで。 hoshi

1  2
ページトップに戻る