陶芸広場 ちょっと道草ブログ

志野盃

志野盃志野の盃のお試しです。

志野釉を厚く載せます

今のところボテボテ感がお気に入りなのです。

ボテボテの下から弁柄が薄く覗いたりと

釉の上から弁柄をどさっと載せたり

焼き上がりはいつも

「これもいいなあ~」

朝から冷たい雨、ラジオはFMです (ス)

 

窯掃除、窯詰め

窯今日、午前中はお客さんと窯の話に終始

ツク、アルミナ棒、穴をあけた小物の焼き方、

気づけば窯掃除を思い出し、

その後は素焼きの詰めを、、

(まだいっぱいになりません。)

もう12月でカレンダーは1枚になりました!

 

(ス)

 

ティー・カップ

ティーカップ

いつもながらの筆達者、

羨ましいような可愛さで、

ソーサーは・・・

ないんです・・・

いえいえ、無くてもいいですよ、

これで、十分ですから、

(ス)

戸田市の観光スポット

土曜日に作陶に来る中学生の朝一番の話から、教室がちょっと盛り上がりました!

学校のカリキュラムで戸田市の事を調べていたら、なんと!陶芸広場が戸田市の観光スポットベスト13位だったそうです。

お友達に『自分の行ってる陶芸教室だ!!』と言ったら、すごーーい!!となったそうです。

私達もそれを聞いてビックリ!ベスト3はどんな所かな???

 

写真を上手く載せられず文字のみの投稿です

鋳込みのカリン

かりん鋳込みに使ったカリン

よく熟れていて室内に香ります。

お客さんが、、

はちみつ漬けが、シロップ漬けが、、って教えてくれます。

喉風邪に効果ありとか。

(ス)

 

 

 

 

 

 

 

 

干場のネコ

neko.jpg

先日、「パプリカ展~」をやったギャラリーに

来ていたのか、住んでいるのか、、

ここは古~い木造の、中は急な階段でちょっとギシギシ言うような建物で。

浦和にはちょっと横に入るとそんな家屋がまだまだ

歩いていても「ああ、いいなあ、こういうの・・」

今ではベランダなんて言いますけど、

ここは干場、見回すと黒い瓦ぶきの屋根が見渡せて

ぬ~っと歩いてくる「ネコ」が似合います。

(ス)

 

 

 

陶人形久しぶりのお地蔵さん

手慣れた作業で見ていて気持ちが良いです。

ほっぺたに肉付け中、

人形の目線の話になりました。

首の傾きにもよりますけど、

見上げたり、そっぽ向いたり、笑ったり

色んなの作ってください   (ス)

 

 

 

 

 

 

練り込み「鯛」

練り込みパプリカ展を終えて、普段モードに切り替え、

久しぶりの練り込みでした。

鯛を作る手始めは頭の部分から、

鯛にくちびるあったっけ?!

画像では分からないけれど、口、目その他

どれも色違いの粘土です。

目の中の黒い部分、練り込んでいます。

次回は胴体がついて最後は美味しい鯛に・・(ス)

 

 

小品展「パプリカとフライパン」

IMG_0148ーf.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_0147ーf.JPGのサムネイル画像IMG_0149ーf.JPGのサムネイル画像

IMG_0150ーf.JPGIMG_0151ーf.JPGのサムネイル画像IMG_0153ーf.JPGのサムネイル画像

浦和の小さなギャラリーでの展示販売も兼ねた小品展は日曜日に終わりました。

女性ばかり10人が、企画してからヌクヌク温めてやっとのことお披露目。

耐熱粘土を使った直火用の皿やフライパン、そして鋳込んで作ったパプリカの素地に

思い思いに絵付けのオブジェの数々、おまけにリンゴもあったりして。

そんなカラフルな会場でしたが最終日は作品がスカスカでした、、、

日頃の実用品作りから離れて、一見「これどうするんですか?」なんて言われたオブジェ達

同じ形のものをそれぞれの個性で仕上げる作業は難しかったそうです。

*オブジェはちょっとした空間にポツンとあると「おっ、、」となります。

もっと撮ったんですが画像が少なくてごめんなさい。  (ス)

 

 

そら豆登場

そら豆登場
 



シメジ作りの名人、E会員さんがそら豆を生産中です。

言い忘れましたが、どちらも箸置き。

ほんとに食べてしまいたい、食欲そそる作品ですね~

記 hoshino

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る