陶芸広場 ちょっと道草ブログ

小壺

小

オブジェや和食器が得意な男性会員さん

わずかな粘土で10cmほどの壺をチャチャっと、、

形の修正もなく、かわいい~のです, 軽いし。

可愛いのは得意じゃないけど、と言いながら耳を

付けました。  (ス)

作品展間近です。

作品展今週17日(金)からの作品展は戸田教室から

7人の参加があります。

今日、運び出しがありました。

箱の中はビッシリ詰まっています。

例年参加のベテランさんに加えて、初参加の方も

そうそう、中学生君も、今回で3回目だったか、

今年は作品数多いです。    (ス)

楽しい体験

楽しい体験
 



昨日は久しぶりに体験の予約が入り、

楽しそうに、手廻しロクロを使って鉢を作られました。

玉作りで厚みが、本当に上手に均一で薄くなり、

あっという間に出来上がり。

ご自分で削りたいと、入会です!

hoshi

マスキングで釉掛け

マスキングで釉掛け
 



いつも繊細でシャープな作品を作る会員さんですが、

今日は細いマスキングテープを使っての釉薬掛けです。

本当に完成度が高く感心します。とっても軽い器なのですよ!

hoshi

花柄になるのかな?

 

burogu.JPG

気持ちいい風が教室の中に入ってきて、皆さんの作業もはかどっています

いつも細かいパーツを器用に貼り合わせて作品を作られていますが、今日はそのパーツ作りをしているもようです

他の方たちの練り込みの作品などを見て刺激を受けながら作られているのかな

土を棒状にして模様の形に貼り合わせています

この後薄切りになり作品になるのでしょうか?

楽しみです、この後の作業も載せられるといいですね

さて、次週17日金曜日より陶芸広場、サロンドフラム、東川口陶芸教室、合同の作品展が埼玉会館(浦和駅)にて開催させていただきます

会員の方々の一年の集大成となりますので、ぜひお立ち寄りください

あわせて、楽風の一階のワンクリエーターコーナーにて同じく17日より陶芸広場の会員さんのアクセサリー作品の展示もあります

少し足をのばしていただいてお茶のみがてらいらして頂ければ幸いです

 

sa

 

 

椅子の展覧会

椅子の展覧会
椅子の展覧会
 



埼玉県立近代美術館で、ブラジル北部の先住民の人々が

作った椅子の展覧会が開かれています。

椅子は部族の長が座るためのもの、位を表す神聖なものとして

作られていました。今現在人々の生活の糧として売られています。

その葛藤も垣間見れる展覧会だと思いました。 

5月19日まで。   hoshi

象の植木鉢

観葉植物の鉢

象の形の植木鉢

観葉植物を室内で・・・

そっと覗いてみたい感じします。

(ス)

 

ほたる手

ホタル手

大変にうす~く引けてる碗型

縁に細かい模様がすごく丁寧にあけられていました。

【ほたる」にするそうな、、

作りが薄ければ薄いほどきれいな「ホタル手」に。

が、穴にクスリを埋めていくのは大変そう。  

(ス)

可愛い来客

可愛い来客
可愛い来客
 



M会員さんがまだ二歳のお孫さんと、

教室に寄ってくれました。

何と、その時観たA会員の新作のお皿を気に入って~

それにおやつをのせて食べると言うのです!

可愛い僕とお皿。嬉しいひと時。Aさんもほっこり。  hoshi

 

ルート・ブリュック展覧会

ルート・ブリュック展覧会
ルート・ブリュック展覧会
 



フィンランドを代表する銘窯アラビアの専属の、

セラミック・アーティストの展覧会へ行ってきました。

自由なデザイン、色使いに魅了されました。

特に蝶が素晴らしいです。蝶の研究者だった父親の影響で、

とても大切にしていたモチーフだそうです。

東京ステーションギャラリーで、6月16日まで。 hoshi

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る