陶芸広場 ちょっと道草ブログ

葉皿焼き上がり

葉皿先日の葉皿このようになりました。

葉の白い部分に淡~く色があって、葉が枯れ始まる

感じに。

横の赤い小皿は二度見したくなるような、

まるで「赤絵の皿」、人気でした。

いっちんの枠の中にクスリをのせて

作者の話では「これはテスト」です~

(ス)

卓上日めくり

カレンダー

教室の会員さんの作品に刺激を受けて、

2月ころから試行錯誤の末やっと作品になりました

台にピッタリ入って気を良くしたものの

台は試作品の為いまいちです。

板 半磁土

文字  陶芸用エンピツ  文字型

(ス)

上絵窯詰め

上絵の窯超大型連休の谷間の一日は

普段なかなか会えない会員さんが来てくれます。

久しぶり~と声も高めです。

作品展が近くなり、一味違った作品が出来そうな感

じの窯詰めになりました。

楽しみにお待ちください!

(ス)

猫ちゃん、大好き

猫ちゃん、大好き
 



ご自分の陶芸用下絵具、青を使ってお家で描いて来られたものです。

これから、透明釉の釉かけです。

ずっと猫と暮らしてきて、いつも猫がモチーフとなる絵付けなんです。

楽しくて、可愛くて、楽しみですね~    hoshi

 

大型連休お休みのお知らせです。

いよいよ大型連休が始まりました!

教室もお休みをいただきますので、お知らせいたします。

*4月29日㈪

*5月1日㈬、3日㈮、4日㈯

この日はお休みとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 

陶芸広場

 

 

 

 

繊細さと大胆さ

繊細さと大胆さ
 



中に小瓶を入れて華を生けるものをという希望でしたが、

白マットでしっかり釉薬かけました。

大胆にししゃくで入れて流して捨てただけです。

その動きがそのまま残り、力強い線が出ました。

外側は象嵌の線が白マットの吹きかけで繊細

に浮き上がっています。還元焼成。  hoshi

葉模様の皿

IMG_0334-t.JPG下書きもなく進んでいます。

素焼きの済んだ黒い皿に絵具で葉っぱ模様に、針を

使って、葉の周りを削って、、

そのあとは淡い色の黄、緑などを筆先で、枯れ葉の

ように。

クスリは何になるんでしょうか、

透明系かマット系か、後日UPします。

  (ス)

国宝「東寺」展

国宝「東寺」展
国宝「東寺」展
 



先日、東京国立博物館で開催中の『東寺』展へ行きました。

空海がもたらした密教の世界観が素晴らしい国宝の仏像と共に、

堪能できます。写真は帝釈天騎象像。   hoshi

掻き落とし

掻き落とし20cm弱の丸い皿です。

3色の色土で塗り分けて、それだけでも十分に素敵

な1枚になったのだけど~

それからが写真の様に緻密な作業。

仕事のストレス発散には何か没頭したい!

よってこのようになりました。

真ん中も埋める予定だったかも、、

抜いてあってもオシャレと思いました (ス)

準備万端

準備

仕事も丁寧です、

この準備具合もそうです。

いっちんのスポイト、はめ込む枠も

刷毛塗りの刷毛も、化粧土、どれも行儀よく

よお~い 始め!

(ス)

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る