陶芸広場 ちょっと道草ブログ

一日置いて仕上げです

一日置いて一昨日にろくろ挽いたもの5個

今日は削りです。

口縁に赤化粧を塗って竹串で線模様を。

ワラ白釉で仕上げ

頼まれた「取り皿」だそうです。

5個頼まれて5個しか作らないのって、

なんか不安じゃないですか??

(ス)

 

絵付けに必須アイテム

絵付けに必須アイテム絵付けの時、絶対これがないとダメなんですっ

これを忘れたために家に取りに戻ったお客さん

なんかすごい、先端にはライトが付いて

上の方には替えのレンズも控えてます。

白化粧をした上に呉須の絵付け

これのおかげで細い筆がすらすら走ります。

(ス)

陽に当てて~

日を浴びて教室について早速、ロクロ挽き

30分で終わって、

即、棚板に載せたまま外に

寒くなって乾燥が遅くなるので色々手当を考えていますね。

1時間も出しておけば水分が少し抜けますから・・

上手くいくと良いです。

(ス)

絵付けが止まりません

絵付けが止まりません
 



明日還元焼成の作品を運搬する日なので、

それに合わせて、連日絵付けに精が出る川野さんです。

ぐるりと細かい絵を丁寧に描いていくうち~どんどん手が進み~

ますます細かくなり~

「あら~間に合わない。。。」 hoshi

流れる美しさ

流れる美しさ
 



長年茶道をされている方が平茶碗を作られました。

松葉釉の還元焼成でしょうか?

流れた釉が趣のある夏らしい茶碗になりました。 hoshi

とんぼの下書き

とんぼ

 

白化粧した盃にトンボの図

お絵描きノートに数ページにわたって

トンボの練習

日増しに腕があがって

その他の植物も手慣れの感じ

あとは呉須の濃度だけ

これが難しいんです・・・

(ス)

 

ルリの鉢と豆皿

ルリ鉢

久しぶりのロクロで20cmの平鉢です

ルリ釉でリム部分は白化粧のイッチンをしてあります。

左の豆皿達はタタラで皿を作った時に残った端っこを

集めて大きさ5~6cm、厚さ7mmの豆皿ができました、

豆皿は可愛いので端っこが出ると作ります。

これは判じ土でオリベを落とし、スッキリできました。

(ス)

あまびえさん、デビュー

あまびえ焼きあがりました!

こんなに小さいの、

作者の小指の頭ほど

あと、20~30くらいはこれからあがってくる、って

楽しんで作ってるのが伝わって、

見ている側も楽しいデス。

(ス)

 

満足出来るもの

満足出来るもの
 



抹茶碗ばかり50個以上作られているカルチャー会員の作品です。

いつも、「色が~」「形がどうも~」とかつぶやかれるのに、

今回ジロジロ見てから嬉しそうな顔でした。良かったデス!

唐津釉にたっぷり口元に鉄赤をのせて、還元焼成。 hoshi

白化粧土象嵌模様

白化粧土象嵌模様
 



赤土に綺麗な白い模様がモダンで素敵です。

木村さんのいつもの技法で、今回取っ手のバランスも良くて~

つい持ってみたくなります。 hoshi

 

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップに戻る