陶芸広場 ちょっと道草ブログ

暖かくなり増えてます

ブログ.JPG

暖かい日が増えて、陶芸広場の教室を覗いてくれる方が増えてます

寒い時は足早に通り過ぎていた人々も、最近はじーっと見て、またその隣を見てと楽しそうに覗いてくれます

学校帰りの子供たちも興味しんしんで覗いてくれます

作品も展示替えしていますので、気軽にお立ち寄りください

sa

 

ぐい飲み

ぐい飲み

 

いつもの形、

いつもの仕上がり

こだわりは「朱」をあしらいます。

趣味人(数寄者)です。

(ス)

素焼き

窯詰め

 

素焼き、準備中

作品展が近くなりました。

参加よろしくお願いします。

(ス)

小皿の直し

補修

雨降りです、そして寒いです。

今日は練り込みの小皿の補修

ちょっと割れが大きく開いて、段差が出来ているのでした。

補修の仕方の見本なので気楽ですけど

出来たらupします。

(ス)

 

 

 

骨董屋の斎藤さん

斎藤さん久しぶりにご来店

作りたくて「ウズウズ」すると寄ってくれます。

顔なじみがニコニコ、耳を傾けて、、この間(ま)

が良いのです。

骨董市で求めた大福帳を見ながら

「この時代の和紙が一番イイんだよ~」

「この頃気管支がさあ~もうだめだわ~」 って、

(ス)

 

 

和食器が好き

和食器作りたいものがいつもはっきりしています。ベテランなのでアドバイスもなしでチャチャっと

象嵌の大皿

化粧土の刷毛塗りに、描き落としはツタ模様の皿

汲み出しは4客、化粧に呉須絵付け

奥にあるのは楊枝入れ、黒にキンヨウ

出来上がるといつも「あそこが、、、ここが、、、う~ん」って    (ス)

 

 

 

 

 

 

ひな人形

ひな人形のサムネイル画像浦和、西川さん作です、可愛いでしょう?!

作り始めて何年になるでしょう、販売、公募展

腕がどんどん上がり、失敗なしです。

「この作品は今までで一番の出来です」と言いながら納品前にもかかわらず、箱から出して見せてくれました。

半磁土 ろくろ 下絵具

高さ7cmほど  こんなサイズが良いですね

(ス)

長い事〜

長い事〜
 



私がカルチャーの講師を始めて10年以上になるそうで、

一緒にスタートした生徒さんはもうベテランになりました。

絵付けも釉掛けも、少しのアドバイスでスムーズな作業です。

hoshi

 

織部釉の表情

織部釉の表情
 



タタラ作りの長皿です。

サンマも余裕でのりますし、横並びの可愛いオードブルも素敵。

白土の表面を色々引っ掻いて面白くしています。Gさん、得意なんです!

釉かけも敢えてムラ掛けですね。     hoshi

骨董市で大福帳を

骨董市陽気に誘われて浦和の骨董市です。古い和紙が必要なので大福帖探しでした。

今回は明治、大正の2冊のほかに「安政4年」というのに出会い、「江戸モン」だと飛びつく。

酒、塩、味噌、反物~~などなど、販売相手の名前、地名、金額の単位は文(もん)。このくらい古いと何が書いてあるやら読めません。

地名の中に〝わらび、浦和、戸田、桶川~”など知った地名を見つけて、、浦和っていつ頃から呼ばれていたんだろう・・って話になりました (ス)

 

 

 

« PREV 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
ページトップに戻る